じっちゃま銘柄逆引き辞典:ニュートリエン(Nutrien NTR)

じっちゃま銘柄逆引き辞典(ニュートリエン編)です。

じっちゃま(@hirosetakao)がニュートリエン(ティッカーシンボル:NTR)について発言された内容を主に時系列でまとめています。投資ストラテジーにお役立てください。

※あくまでも管理人が把握できたものであり、すべてではありません。※引用元はじっちゃま(@hirosetakao)のTwitter、youtubeチャンネルなどから行っています。
スポンサーリンク

2021/07/03:需要は崩れない

  • 特にニュースはない
  • 今、中国の養豚業は順調に拡大しているらしい。
  • まだ養豚業は立て直しているところだから目先は上。
  • 需要は崩れないと思うよ。
スポンサーリンク

2021/05/11:良い銘柄

  1. 良い銘柄だと思う。
  2. EPS予想9セントに対して、結果29セント。売上高予想43.7億ドルに対して46.6億ドル。売上高成長率前年同期比11%。2021年通年EPS予想2.70ドルに対して新ガイダンス2.55-3.25ドル。危なげない良い決算ですよね。
スポンサーリンク

2021/04/18:先行きの不透明要因がひとつある

  1. ホールドOK。
  2. これは引き続き良いと思う。
  3. この銘柄に関して心配しているのは、中国でブラジル豚熱、豚の伝染病が2年前に流行った。その時に豚を殺傷しなければいけない事件が起きた。
  4. また今年もぶり返すかもしれないと言われている。それがぶり返すと、豚に餌をやる必要がなくなる。
  5. ニュートリエンは、豚の餌になる飼料を栽培する時に苛性カリが使われるので、その先行きの不透明要因がひとつある。
  6. それを除けば、世界穀物市況は回復しているので非常に良いと思います。
スポンサーリンク

2021/04/09:ホールドでOK

  1. ホールドでいいです。

2021/04/07:短期、中長期の見通しも明るい

  1. シクリカル株といえばそうだけど、工業のサイクルではなく農業のサイクルなので違う。
  2. 短期、中長期の見通しも明るい。だから売る理由はまったくない。

2021/04/04:ホールドOK

  1. ホールドOK

2021/03/28:中国でアフリカ豚熱が蔓延

  1. まだ持っていていいと思う。
  2. ただ、中国でアフリカ豚熱が蔓延していて、豚を殺傷しなければいけないという話も出ている。
  3. それがひどくなると大豆やトウモロコシ消費に悪影響が出るかも。
  4. 今はまだ見極めは付けられない。そこら辺を心配している。

2021/03/20:まだまだ上がある

  1. その辺は全然OK。出遅れているからね。
  2. これはきれいなチャート。まだまだ上があると思う。

2021/03/09:上がるままに任せて自然体に付いていけば良い

  1. 慌てる必要ない。
  2. ずっと右肩上がりで良い感じ。上がるままに任せて自然体に付いていけば良い。

2021/03/02:大豆やトウモロコシの注文が増えるとかそういう話

肥料ですよね。穀物。中国で養豚業、豚を育てる餌に大豆とかトウモロコシをもっと買い付けなければいけない。大豆やトウモロコシの注文が増えるとかそういう話ですよね。

2021/02/26:世界でもトップクラスのコスト競争力

  1. 世界最大級の肥料会社です。
  2. 肥料には、苛性カリ(根菜類)、窒素(葉菜類)、リン酸(果菜類)の3大成分がある。ニュートリエンはそのすべてやっている。
  3. 新しい土地を開墾して、地面の持っている栄養力をアップするために巻かれるのが苛性カリ。
  4. ニュートリエンはカナダのサスカチュワン州で大きな苛性カリの仕切り場を持っている。山全体が岩塩みたいな、そういうのがある。スケールビジネス。それをガリガリ削って出荷するだけのこと。
  5. 世界でもトップクラスのコスト競争力を持っている。
  6. 窒素ビジネスは、カナダだけではなくアメリカ全土に広がっている。原料は天然ガスになる。地下からとってくるものではない。
  7. リン酸ビジネスも展開。比率は一番小さい。
  8. ニュートリエンにとって最も重要なのは、苛性カリと窒素だと思う。
  9. 世界の穀物市況を見ると、強い。その理由は、穀物のストックが世界的に払底している。
  10. 各国は、有事のために穀物備蓄をもっと増やしたほうが良いと考えている。そのインセンティブが強く、それが需要増、価格増につながっている。
  11. 去年、中国でアフリカ豚熱ウィルスが発生し、豚を大量処分した。養豚業が大打撃を受けた。
  12. 今年は養豚業を立て直すため、中国の農家は頑張っている。
  13. その時に普段よりもたくさんの餌、トウモロコシや大豆が必要で、とりわけ大豆を栽培するには苛性カリが必要なので、肥料ニーズが高まっている。
銘柄逆引き辞典NTRTICKER SYMBOLMNOP素材株消費循環株
スポンサーリンク
スポンサーリンク
酒とロックをフォローする
スポンサーリンク
Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

じっちゃまこと、広瀬隆雄さんが執筆した米国株投資の教科書。決算はどうチェックするか、コンセンサス予想はどこを見るかなど、初歩的な内容だけどかなり重要な教えが書かれています。この本に書かれていることを前提にじっちゃまの話を聞けば理解度がグッとあがるはず。日本人投資家のなかでも一番尊敬に値する方の貴重な教えなので熟読は必須。何回読んでも気づきがあるところがすごい。

オニールの成長株発掘法

機関投資家なら一度は必ず読んでいるオニールの成長株発掘法。かの有名なCANSLIM投資法がここに凝縮。1ページたりとも無駄にできない情報ばかり。何度も読むことで投資スキルが上達すること間違いなしのバイブル。何回読んでも新しい気づきがあります。特にグロース銘柄が好きな人にとっては、永遠のバイブルです。

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

金融関係者ならば絶対に読んでいるというテクニカル分析の教科書。じっちゃま曰く、機関投資家はMACDや一目均衡表などは誰も見ていないという。誰も見ていないテクニカル分析ほど意味のないものはない。この本に書かれていることがわかれば、基礎力はついたも同然。ファンダメンタルズ派でも、テクニカルの基礎知識も習得すれば心強いはず。

史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール

財務諸表の解説をする書籍は数多くあるけど、株式投資をするうえで急所を得た解説をしてくれるのが「バフェットの財務諸表を読む力」。初心者にとって難しそうな表紙に見えるが、とんでもない。これは読みやすく、わかりやすい。財務諸表を読み解く力がなければ、バリュー株投資はおろか、株式投資に手を出すなんて目を閉じて車を運転するようなものなのだから、儲けたいなら絶対に読んでおくべき名著。

じっちゃまに学ぶ米国株ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました